読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさがにっき

読書感想文とプログラムのこと書いてきます

daydream demoの動かし方最新版

unity vr daydream

概要

daydreamの開発環境の作り方が変わっていたのでまとめる
また、googleのドキュメント通りにやってもdemoが動かないのでdemoを動かすところまでやる

2016/12/8現在の話であり、今後変わっていく可能性が大きいので注意

詳細

開発環境構築

Unity install&起動

Android SDK/NDK, JDK設定
f:id:tiro105:20161208235315p:plain

Google VR SDK import
f:id:tiro105:20161208235611p:plain

Demoアプリ作成

Get Started with Google VR in Unity  |  Google VR  |  Google Developers
が古いのでメモっておく、そのうち修正されるの期待

特に何も作らなくてもサンプルsceneが用意されている
GoogleVR/Demo/Scenes/GVRDemoにサンプルシーンがあるのでload

あとはビルド設定
File > Build > Player settings...
でこんな感じにパッケージ名とminSDKを設定
f:id:tiro105:20161209000250p:plain

次にDaydream用プロジェクトにする
Virtual Reality Supportedにチェックを入れDaydreamを選択する
f:id:tiro105:20161209000407p:plain

これでビルドが通る

PC上での動作確認

これまではGameViewが実行していないときも複眼になっていたが、現在は実行時のみ複眼になる
また、option + マウスで首の動作ができるのでデバッグも簡単

疑問点

本記事とは関係ないが、CardBoardアプリを作りたかったのでUnity 5.5とGoogle VRを組み合わせてCardboardアプリを作ろうとしたらVirtual Reality SupportedにCardboardが表示されない…
(2016/12/9追記)
Nexus5xではinstallしても二眼にならない・・・DaydreamReadyじゃないからか・・・昔はなったんだけどな