うさがにっき

読書感想文とプログラムのこと書いてきます

モチベーション3.0

概要

ダニエル・ピンクによる現代においてどうやってやる気を引き出すかを書いた良書

一言で言うと金銭と労働のトレード(モチベーション2.0)から、仕事自体にやりがいを感じる(モチベーション3.0)時代になっている
もちろん生活をしていく上で必要最低限+αの賃金があることが前提であり、やりがいを感じれるようにできる限りやり方を作業者に任せて試行錯誤できる環境を作れるような配慮も必要になる

詳細

モチベーション2.0の盛衰

人類最初のモチベーションは生存を目的としていた(モチベーション1.0)
そこから発展して外的な報酬と罰を中心とした新たな仕組みが取り入れられた(モチベーション2.0)
これは20世紀のルーチンワークには有効だったが、21世紀を迎えてモチベーション2.0はわたしたちの組織、仕事に対する考え方やその手法とは互換性が無いことが明らかになってきた

アメとムチがうまくいかない理由

モチベーション2.0の「交換条件つき(こうしたら、おれをあげる)」報酬を提示しても、成果は期待したほど得られない
これは内発的動機付けを消滅させ、成果を減少させ、創造性を破壊し、人間お好ましい言動を阻害するから
また、モチベーション2.0ではいかに早く報酬を取得しようか考え反倫理的行動を助長し、短絡的な考えを促すこともあり得る

アメとムチがうまくいく特殊な状況

規則的なルーチンタスクであればモチベーション2.0は効果を発揮する
内的動機付けや、創造性がこの種の仕事には存在しないため悪影響をうけない
そのうえで、仕事の必要性を示し、それらが退屈であることを認め、望む方法でその仕事を冠せさせる自由を相手に与え馬場合には、モチベーション2.0(2.1になるかも)はより効果を発揮する場合もある

タイプIとタイプX

モチベーション2.0はタイプXの行動を前提にしこれを助長する
この行動は内発的な欲求よりも、外発的な欲求を活力の源とし、活動から満足感を得るというよりも、活動によって得られる外的報酬と結びついている
モチベーション3.0はタイプIの行動を前提としこれを助長する
この行動は活動によって得られる外的な報酬というより、活動自体からもたらされる内的な満足感と結びついている
仕事で成功を収め、プライベートを充実させるためには、自分も職場の仲間もタイプXからタイプIと移行する必要がある
タイプIは自分で意識することにより成長させることができ、パフォーマンスの向上、健康の増進、全般的な幸福度の上昇につながる

自律性

わたしたちの「初期設定」は自律的であり自己決定的である
だが「マネジメント」という時代遅れの概念により、この設定は変更されタイプIからタイプXへとわたしたちを変える
タイプIになって大きな成果を生み出すために、最初に必要とされるのは自律性
課題、時間、手法、チームについて自律性が必要になる
大きな自律を与える会社は競合他社より高い業績を上げる

熟達

モチベーション2.0では従順な姿勢が求められたのに対し、モチベーション3.0では積極的な関与が必要となる
積極的に関与してはじめて、熟達、何か価値のあること上達を生み出せる
熟達の追求は重要でありあがら第三の動機ではあまり機能していないが、経済発展において必要不可欠となる
熟達は「フロー(フローとは取り組んでいる課題が本質的に自分の能力と整合している場合の最適経験のこと)」から始まる
日々の活動を難しすぎず、易しすぎない教務、すなわち「ゴルディロックスの仕事」で補強している
ただし熟達は三つのルールがある

  1. 熟達は心の持ち方次第である、能力は固定的ではなく、無限に上昇が可能だと理解する
  2. 熟達には苦痛が伴う、努力、根性、意図的な訓練が必要となる
  3. 熟達は漸近線であり、完全に熟達を達成することは不可能である、だからこそもどかしいと同時に魅力的

目的

人間は本能的に人生の意義や目的を探すもの
自分以外の人、もの、社会などに利益に貢献する永続的な目的を求める
だが従来の企業は長年に私この目的を見栄えの良いアクセサリーのようなものだと考えていた

だが現在、これは変わりつつある
一つは社会を牽引していた人々が置いに差し掛かって自分たちを死から逃れられないことに気づいたからである
モチベーション3.0では願望の対象や指針として、目的の最大化が、利益の最大化と並んで認められている

感想

これまでのエンジニア経験から「給料を払うから〜の作業をやって」というふうにやり方を決められていた作業は確かに効率もなかったし、そこから新たなアイデアも出にくかったように感じていた

このもどかしさをうまく言語化してくれたのが本書になる
作業者に自律性をうながすことにより熟達を促し、金銭目的ではなく人生の目的として作業を行えるようになる
つまり仕事を楽しいと感じられるようになり、それがドライヴとなりまた熟達に励む構造が作成できるのだ

広告を非表示にする