読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさがにっき

読書感想文とプログラムのこと書いてきます

よく使うショートカット

Android AndroidStudio

概要

よく使う、使いそうなショートカットをまとめる

詳細

Find Action(COMMAND + SHIFT + A)

AndroidStudioのすべての機能にアクセスできる
f:id:tiro105:20160701224211p:plain

Basic Completion(CTRL+SPACE)

文字列から予測する補完機能
Macではspotlightと被っているのでspotlightを変えるか、AndroidStudio側を変えるかする

Smart Type Completion(CTRL + SHIFT SPACE)

型を使った補完機能
今必要としている型を予測して補完してくれる
f:id:tiro105:20160701224731p:plain

Quick Fix(ALT + ENTER)

AndroidStudioから提示されたエラー修正を取り込む

Complete Current Statement(COMMAND + SHIFT + ENTER)

現在の文を完了させることができる
フォーマットしつつ、セミコロンや括弧を補完してくれる
f:id:tiro105:20160701225313p:plain
f:id:tiro105:20160701225327p:plain

Parameter Info(COMMAND + P)

メソッド引数を表示
f:id:tiro105:20160701225440p:plain

Generate(COMMAND + N)

コードの自動生成(getterやsetterなど)
f:id:tiro105:20160701225558p:plain

Extract(COMMAND + ALT + (V F M C))

項目を抜き出す

例えばtaroと文字列を入力した状態
f:id:tiro105:20160701230034p:plain

ここで COMMAND + ALR + Vをすると変数を作成して代入してくれる
f:id:tiro105:20160701230114p:plain

COMMAND + ALR + Fをするとクラス変数として代入
f:id:tiro105:20160701230146p:plain

VはVariable, FはField, MはMethod, CはConstというふうに覚えれば楽

Postfix Completion

たとえば「変数.par」を入力してENTERをおすと変数を括弧でくくってくれる

.notnull

f:id:tiro105:20160701230514p:plain
f:id:tiro105:20160701230525p:plain

.var

ローカル変数に代入
f:id:tiro105:20160701230704p:plain
f:id:tiro105:20160701230717p:plain

Recent Files(COMMAND + E)

最近使ったフィアルを開く
f:id:tiro105:20160701230856p:plain

Search Everywhere

SHIFT二回押し

すべてのものから検索を行う
f:id:tiro105:20160701231204p:plain

Navigate Symnol(Command + SHIFT + O)

メソッドやメンバ変数から検索、XMLなどはでてこない
Search Everywhereより時間がかからないのでよく使う
f:id:tiro105:20160701231351p:plain

Navigate Declaration(COMMAND + B)

メソッドの宣言を開く

Navigate Call Hierarchy(CTRL + ALT + H)

メソッドの宣言で使うと読み出し元一覧が表示される
f:id:tiro105:20160701231633p:plain

参考

黒帯エンジニアが教えるプロの技術 Android開発の教科書 (ヤフー黒帯シリーズ)

黒帯エンジニアが教えるプロの技術 Android開発の教科書 (ヤフー黒帯シリーズ)