読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさがにっき

読書感想文とプログラムのこと書いてきます

VisualStudio2015からWindows App Storeに上げずにstore appを出力し、実行する方法

概要

VisualStudioで作成したアプリをストアにアップせずにリリース用ビルドを書き出してローカルでテストする手順をまとめる

詳細

Visual StudioのPackage.appmanifestを開き、アプリの情報を入力する
f:id:tiro105:20150729113447p:plain

メニューのProject > Store > Create App Packages...を選択
f:id:tiro105:20150729113531p:plain

Createと同時にStoreにアップロードするか聞かれるのでNoを選択
f:id:tiro105:20150729113622p:plain

アプリを出力するのに必要な情報を入力した後、Create
f:id:tiro105:20150729113740p:plain

出力完了後、出力設定時に設定したOutput locationにアプリが出力されたよ!とダイアログが出力される
f:id:tiro105:20150729113847p:plain

出力されたフォルダに移動し、拡張子「ps1」のファイルをPowerShellで実行する
f:id:tiro105:20150729113945p:plain

無事インストール完了する
初回だと途中で、「継続するならEnter」とか、「証明書を信じるならy」とか聞かれるのでポジティブな方選んでいけばok
注意することはデバッグ用に出力されたアプリがあると上書きできないので、デバッグ用のアプリが出力されていたらそれはアンインストールしておく
f:id:tiro105:20150729114154p:plain