読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさがにっき

読書感想文とプログラムのこと書いてきます

エッセンシャル思考

概要

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考を読んだ感想、まとめ

「より少なく、しかし良く」をテーマにした本

詳細

多くのやることの中から、本質的なものを選び取る
やることを少なくして、本質的なものをより良く行うようにする

それを実際に行うための、理由、方法が説明してある

例えば、

優秀な人は最初、目標を見定め成功へ一直線へと進んでいく
しかし、その成功から周りの人から「頼れる人」と認識されどんどん仕事を頼まれる
そのせいで、やることが増えすぎ結局やることすべてが中途半端になり、周りからの評価も下がっていく

本質的でないもの(ノイズ)にはNOといい、大切なものだけをやる覚悟が必要

「どうすれば両方できるか?」ではなく「どの問題を引き受けるか?」を考える
これを誰かに決められる前に、自分で決めることにより自由が手に入る

  • 捨てる技術

多数の瑣末なことを容赦なく切り捨てる技術は重要である
「絶対やるべきこと」を決めて、次は「やらなくてもいいこと」をきっぱりと捨て去る
「絶対やるべきこと」を決めるには「最終系を完全に明確にすること」が必要になる
明確な目標ができることにより、絶対にやるべきことが明確になる
逆に言えば明確な目標があれば、その絶対にやるべきこと以外は「やらなくてもいいこと」、ノイズと判定できるようになる

などなど

「より少なく、しかし良く」をテーマに本質的なものを選び取り、やることを少なくクオリティを上げていくことを説明してくれている良書
上記以外にも「上手な依頼の断り方」、「ものごとの選抜の仕方」など面白いテーマについて記述してある
本書のおかげで、独学していく上で散らばっていたやりたいことを目標を据えることでまとめることもできた

個人的には面白く興味深かった一冊