うさがにっき

読書感想文とプログラムのこと書いてきます

NSUserDefaultを使ってみる

概要

NSUserDefaultを使ってデータをローカルに保存する

詳細

NSUserDefaltを使うとローカルに簡単なデータを保存できる

ユーザsデフォルトを準備する standardUserDafaults()
データを書き込む setObject()
書き込んだデータを即反映させる synchronize()
データを読み出す objectForKey()
データを消す removeObjectForKey()

sample

    override func viewWillAppear(animated: Bool) {
        // UserDefault用意
        var myDefault = NSUserDefaults.standardUserDefaults()
        // データを読み出す
        var myStr = myDefault.stringForKey("myString")
        // データが入ってたら反映
        if let tmpStr = myStr {
            myTextField.text = tmpStr
        }
    }
    
    @IBAction func tapReturnKey(sender: UITextField) {
        // UserDefault用意
        var myDefault = NSUserDefaults.standardUserDefaults()
        // データ書き込み
        myDefault.setObject(sender.text, forKey: "myString")
        // 即反映
        myDefault.synchronize()
    }

参考

Swiftではじめる iPhoneアプリ開発の教科書 【iOS 8&Xcode 6対応】

Swiftではじめる iPhoneアプリ開発の教科書 【iOS 8&Xcode 6対応】