読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさがにっき

読書感想文とプログラムのこと書いてきます

Objective-Cのライブラリをswiftで使う

swift

概要

swiftObjective-Cのライブラリの使い方

詳細

CocoaPodsでObjective-Cのライブラリ本体をinstall

プロジェクト直下でpodを初期化

$ pod init

CocoaPodsがinstallされていなかったら以下を実行

$ sudo gem install cocoapods

pod initが実行されるとプロジェクト直下にPodfileというファイルができる
これにMBProgressHUB追加用の文を追加

# Uncomment this line to define a global platform for your project
# platform :ios, '6.0'

target 'MBProgressHubSample' do
	#これを追加
	pod 'MBProgressHUD'
end

target 'MBProgressHubSampleTests' do

end

podを実行しライブラリをinstall

$ pod install
Analyzing dependencies

CocoaPods 0.36.0.rc.1 is available.
To update use: `gem install cocoapods --pre`
[!] This is a test version we'd love you to try.

For more information see http://blog.cocoapods.org
and the CHANGELOG for this version http://git.io/BaH8pQ.

Downloading dependencies
Installing MBProgressHUD (0.9)
Generating Pods project
Integrating client project

Bridging Headerを作成する

swiftからObjective-Cを使用するために必要なファイル「Bridging Header」を作成する
ヘッダを作成

#import<MBProgressHUD/MBProgressHUD.h>

bridging headerとして登録
f:id:tiro105:20150228210351p:plain

これでswift内からライブラリを使えるようになる