読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさがにっき

読書感想文とプログラムのこと書いてきます

基本文法

概要

swiftの変数宣言方法などの基本文法をおさえる

詳細

変数、定数宣言

変数はvar, 定数はletを使って宣言する
f:id:tiro105:20150225021612p:plain
appleは定数のためエラーとなる

変数名の後の型名はswiftの「型推論」の機能から省略することもできる
f:id:tiro105:20150225021844p:plain

制御文

switch文が特徴的

f:id:tiro105:20150225022227p:plain

  • ,でつないでcase内で複数条件を指定できる
  • fallthroughで次のcase文に処理を続けさせれる
  • breakしなくても次に処理が続いていかない
// Playground - noun: a place where people can play

import UIKit

let number = 500

switch number {
    case 0...99
        println("100円未満")
    case 100..<1000:
        println("100円以上1000円未満")
    default:
        println("1000円以上")   
}
  • ...でA以上B未満を実現できる

while文

for文における変数の扱い
import UIKit

// for文
for var index = 0; index < 10; index++ {
    println("index = \(index)")
}

// for-in文の例、配列indicesを走査
let indices = [0,1,2,3,4,5,6,7,8,9]
for index in indices {
    println("index = \(index)")
}

// Rangeを使って5回繰り返す
for count in 1...5 {
    println("\(count)回目")
}

バックスラッシュと()で囲むことにより文字列の中に変数を埋め込むことができる

whileループへの命名

whileループへの命名をすることにより二重ループなどから一気に抜けることができる

import UIKit

var targetFood: String?
var someFoods = [["cake", "ice"],
                ["sushi", "tenpura"],
                ["ramen", "soba", "udon"]]
var index = 0

// whileにloopと命名
loop: while index < someFoods.count {
    var foods = someFoods[index]
    var foodsIndex = 0
    // 命名していないwhile
    while foodsIndex < foods.count {
        if foods[foodsIndex] == "sushi" {
            targetFood = foods[foodsIndex]
            // 一気に外側のwhile loopをぬける
            break loop
        }
        foodsIndex++
    }
    index++
}
広告を非表示にする