読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさがにっき

読書感想文とプログラムのこと書いてきます

niftyclouldを使ってmBaaSを使ったプッシュ通知を試してみた

Android mBaaS

概要

mBaaSを使ってAndroidアプリにプッシュ通知を送ってみる

mBaaSとは
mBaaSとは | ニフティクラウド mobile backendより引用
>mBaaS(mobile Backend as a Service)とは、スマートフォンアプリの開発に必要な汎用的機能をAPISDKで提供しサーバー側のコードを書くことなく、サーバー連携するスマートフォンアプリを効率よく開発できるようにするクラウドサービスです。

つまりモバイルサーバを立てなくても汎用的な機能をクラウド側で用意してくれるサービス

詳細

基本的にはクイックスタート(Android) | ニフティクラウド mobile backendのドキュメントがとても親切なのでこれ通りに進めれば問題なし

アプリ側

ページの流れ通りに・・・

  1. 右上のログインボタンからniftyIDを作成してログインし、APP_KEY,CLIENT_KEYを取得
  2. アプリ名を適当につけて
  3. SDKをダウンロードして、プロジェクトにライブラリとしてパスを通す
  4. ページにあるソースをコピペ
  5. 作成したAPI_KEY,CLIENT_KEYを下記ソースにそれぞれ貼り付け
NCMB.initialize(
				this,
				"API_KEY",
				"CLIENT_KEY");

mobile backend側

これもページの流れ通りに・・・

  1. データストアを選択し、TestClassを選択
  2. 新しいレコードをを押下しmessageに「うぎゃぼえー!」を入力、すると他の項目は自動的に埋まった
  3. アプリ再起動

・・・表示されない

ソースを再確認すると理由がわかった

		NCMBQuery<NCMBObject> query = NCMBQuery.getQuery("TestClass");
		query.whereEqualTo("message", "Hello, Tarou!");
		query.findInBackground(new FindCallback<NCMBObject>() {

ページの説明文通りの「Hello, Tarou!」以外は受け付けてない様子
なのでmessageに「Hello, Tarou!」にしアプリ再実行

無事表示された

f:id:tiro105:20140830152837p:plain

感想

ページにないことをやって少しつまずいたけど、とても簡単に実行できた
pushにするには多分通信部分をserviceにでもすれば簡単にできると思うので、これは簡単なサービスを作るのには重宝しそうな気がした
日本語ドキュメントが豊富なのも素敵
チュートリアル | ニフティクラウド mobile backend