うさがにっき

読書感想文とプログラムのこと書いてきます

Unity Spriteの使い方

概要

Unityの画像を効率的に取り扱うことが出来るSprite機能についてまとめる

  • Sprite(スプライト)とは2Dグラフィックに使われる技術で、1枚1枚の独立した画像単位のこと
  • テクスチャアトラスとはSpriteをいくつかまとめてメモリを節約する技術
  • SpriteEditorとはテクスチャアトラスから個別のSpriteを取得するEditor
  • SpriteRendererとはSpriteをゲームオブジェクトに描画する機能

詳細

Sprite(スプライト)とは1枚1枚の独立した画像
今回はUNITY-CHAN!からテクスチャアトラスを取得して、Spriteを取得する

f:id:tiro105:20140619183151p:plain

ユニティちゃんのテクスチャアトラスを選択して、インスペクタビューのSprite EditorからSpriteをとりだす。
SpriteModeはMultiple(複数画像が存在しているため)
下向き矢印を選択して、
Override for Standaloneにチェック
Formatを16bit

設定が終わったのでSprite Editorボタンを押下し、Sprite Editor起動

f:id:tiro105:20140619183231p:plain

TypeをAutomatice(Gridにするとピクセルごとに切り出せる)
コントロールパネルにあるSliceボタンを押下
これでSpriteを抽出できる

ゲームオブジェクトにSpriteを配置するとSpriteRenderを使ってSpriteの描画について設定できる

f:id:tiro105:20140619183254p:plain